品質保証室


当院は、患者さんに安心して受診していただけるための取り組み・医療の質改善活動を進めています。

(1)良質な医療――医療の質の改善とは

当院では、患者さんに「良質」であると感じてもらえる医療サービスを提供するために、次の5つについて改善の取り組みを行っています。

  1. 信頼――患者さんに信頼してもらえるように、正しい診療やケアを行ないます。
  2. 反応――スタッフが、意欲をもって診療を迅速に行ないます。
  3. 確実――診療についての正しい知識を、患者さんに敬意をはらいながら伝えます。
  4. 共感――患者さんの話に傾聴し、個別性に配慮し、共感をもって接します。
  5. 適切――施設、設備、スタッフなどを適切に準備します。

(2)品質保証室とは

品質保証室は2016年に設置された部署です。医療安全管理室、感染対策推進室、診療情報管理室などと連携して、当院の医療の質を改善させる取り組みを担当しています。

患者さんのための医療の質改善の取り組み

(3)当院の体制

当院の医療の質改善の取り組みは、病院全体の運営に責任を負うガバナンス、医療の質改善活動を統括する品質保証委員会医療安全管理室感染対策推進室診療情報管理室、品質保証室および、病院の各部署からなっています。品質保証委員会の役割は、安全で質の高い医療を提供するための院内の活動を、包括的にマネジメントすることです。

品質保証委員会メンバー

(4)品質保証室の役割

1)品質保証委員会の運営

品質保証室は、品質保証委員会の事務局として、委員会の運営全般の事務を行っており、疼痛、鎮静、拘束ゼロケア、レーザー管理といったワーキンググループの運営も担当しています。

2)ポリシー(指針)の改訂・管理

NTT東日本関東病院の活動は、25のポリシー(指針)に従って行われています。品質保証室がこのポリシー(指針)の改訂や管理を取りまとめています。

3)品質保証年間計画のとりまとめ

病院が行う品質保証に関する年間計画(病院全体、各分野)の取りまとめを行っています。

4)品質保証指標の統括

病院の品質保証に関する262(令和4年2月17日現在)の指標について、統括しています。

5)品質保証のための研修・教育

品質保証に関する必要な項目(例:基礎的な救命処置、鎮静、ポリシーの理解など)について病院のスタッフへの研修計画を取りまとめています。また、品質保証の意義、品質保証を効率的に行う方法などについて、病院スタッフへの教育を行います。

6)広報活動

品質保証について、患者さん、ご家族、関係者などに向けた広報活動を行っています。

7)学術活動

当院での品質保証活動に基づいた学会発表、講演、論文発表を行ない、当院を超えた品質保証活動にも寄与できればと考えております。

8)取り組み課題対応の取りまとめ

病院では、その時々で、いろいろな取り組み課題が発生します。この課題への対応について取りまとめを行っています。

9)検査所見への対応のフォロー

重要な画像検査、病理検査の報告について、きちんとフォローがおこなわれているか、確認を行っています。

10)院内コンサルテーション

品質保証に関して、院内の各部署へのコンサルテーションをおこなっています。

11)Joint Commission International 認定活動の取りまとめ

世界の品質保証活動は、アメリカの医師が「医療の質を担保するために、相互チェックをしよう」と言って始めたJoint Commission (合同委員会という意味)に始まっています。現在この活動は、国際的に広がって、Joint Commission International (JCI)と呼ばれています。当院では、品質保証活動が、世界水準に達していることを確認するために、JCIの認定を受けております。この活動の取りまとめも、品質保証室が担当しております。
JCIのホームページ:About JCI