院長挨拶

院長 亀山周二

当院は「人と、地域と、つながる医療」をモットーに、地域連携を大切にしながら、多くの患者さんに医療を提供しております。

1952年、当院の前身となる関東逓信病院が、五反田の地に開院されました。
当時はNTTグループの前身である日本電信電話公社の職域病院であり、患者さんは職員とそのご家族に限定されていましたが、1986年に保険医療機関の指定を受け、一般に開放されたという歴史があります。このように、当院はNTT東日本の直営病院であり、大部分の職員がNTT東日本の社員として働いております。

「私たちはNTT東日本の社会的貢献の象徴として、医療の提供を通して病院を利用されるすべての人々、そして病院で働くすべての人々の幸せに尽くします」これは、私たちが掲げる確固たるミッションです。かかりつけ医とスムーズに連携をとりながら機能分化し、地域の中核病院として専門的な医療を提供し続けることで、患者さんやご家族に満足していただけるよう心がけております。

当院の特徴は、以下のとおりです。

  • 総合病院としてさまざまな病気の治療に対応する
  • 多職種によるチーム医療を実践し、患者さんを総合的に診療する
  • 低侵襲(身体的な負担が少ない)治療に積極的に取り組む
  • 医療の国際化を推進する

当院は、国際的な医療機能評価のひとつであるJCI(Joint Commission International)で求められる、医療安全と医療の質の改善を不断に実行しております。特に、6つの国際患者安全目標(患者確認、良好なコミュニケーション、薬剤の安全投与、手術の安全な実施、感染対策、転倒・転落対策)には、十分に留意して診療を行っております。

急激に少子高齢化が進む日本。世界でも類をみない超高齢社会の中で、私たちは、皆さまが安心してよりよい医療を享受できる世界を目指し、共に歩んでいきます。

亀山周二(かめやま しゅうじ)

  • 昭和56年 3月  東京大学医学部卒 専門;泌尿器科
  • 前職 東京大学医学部付属病院泌尿器科講師
    平成11年4月 当院泌尿器科部長
    平成25年4月 副院長兼務
    平成26年7月 病院長就任

*医療Webメディア「Medical Note」に院長インタビューが掲載されました。
https://medicalnote.jp/contents/181019-006-ZB