放射線科

(1)概要

放射線科は、肺がん、前立腺がん、乳がん、喉頭がん、咽頭がん、子宮がん、食道がんなど、局所的ながんに対する放射線治療に取り組んでいます。
当科では、リニアック(直線加速器)という放射線治療装置を用いて、集中的かつ正確な放射線治療を心がけています。
具体的には、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、定位放射線治療(ピンポイント照射)と呼ばれる治療を行っています。
また、当科では多職種が緊密に連携し、これらの治療をチーム医療で取り組んでいます。当科には放射線治療を専門とする日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会認定の放射線治療専門医、日本放射線治療専門放射線技師認定機構認定の放射線治療専門放射線技師を含めた診療放射線技師、医学物理士認定機構認定の医学物理士、日本看護協会認定のがん放射線療法看護認定看護師が在籍しており、それぞれの強みを活かして協働することで、よりよい医療の提供を目指しています。
なお、当科では関連する診療科と連携して、化学療法や手術治療など、さまざまな治療を組み合わせた集学的治療を行っています。

(2)ポリシー

当科では、最新の医学的根拠に基づいた、高精度で正確な放射線治療を丁寧に施行しています。
放射線をがんに対し高精度に集中させ、正常な臓器を避けて治療するために、専用コンピュータの「高精度三次元放射線治療計画システム」を用いて、患者さん一人ひとりに適した治療計画を立てています。

(3)特徴

副作用を軽減する強度変調放射線治療(IMRT)

当科では、病巣に対して多方向から強度の異なる放射線を照射できる強度変調放射線治療(IMRT)を行っています。IMRTの主な対象部位は、前立腺、頭頸部、脳、食道、子宮など婦人科系臓器、肺、その他の部位です。具体的には、このIMRTを回転させながら行う「回転強度変調放射線治療(VMAT)」と呼ばれる方法を用いています。

IMRTの実施により、治療効果の向上を目指しながら、同時に副作用を抑えていくことが可能になりました。

治療時間を短縮するための技術を導入

肺の病巣に対しては、多方向から放射線をピンポイントで照射する定位放射線治療を行っています。こちらも主にVMATで治療しているため、数分で照射を終えることができます。症例によっては、高線量率の出力を用い、非常に短い時間で治療しています。

痛みの緩和や術後の放射線治療も実施

このほか、一般的な乳がんの温存手術後の術後照射や、痛みなどの症状を緩和するための放射線治療も行っています。


当院で放射線治療を受けられた患者さんへ

当院は、放射線治療症例全国登録(Japanese Radiation Oncology Database:JROD)に協力しております。
詳細はこちらをご覧ください。

部長 山田 晴耕