放射線部


 放射線部には常勤の日本医学放射線学会認定放射線科専門医(脳神経、腹部、胸部、核医学、画像下治療など広範囲な専門領域を網羅)のほか、専門医取得に向けて研修中の画像診断を専任として業務を行う医師と、放射線治療を含めたすべての放射線診療を担う診療放射線技師が所属しています。加えて、看護師、受付事務等との多職種が連携の下で、安全で質の高い放射線診療につながるよう、日々の業務に取り組んでいます。常に先進の技術を備えた画像診断装置の配備に努めており、単純撮影、透視撮影、CT検査、MRI検査、血管検査、アイソトープ(核医学)検査の全てを、各診療科医師からの依頼の下で行っています。また、画像は全てデジタル化され、フィルムレスで運用しており、放射線科専門医の責任の元でCT・MRI・アイソトープ検査を主として画像診断報告書を作成しています。
 単純撮影、透視撮影では被曝を少なくするように留意して撮影を行っています。CT検査は多列検出器型CT装置3台(320列、80列、64列各1台)、MRI検査は4台の高磁場装置(3テスラ装置2台、1.5テスラ装置2台)を用い、高精細な形態画像、機能画像を提供し、各診療科の診断に寄与しています。血管撮影検査では、2方向同時撮影可能なバイプレーンシステムを備えた心臓血管専用装置および多目的血管撮影装置各1台、コーンビームCT機能を備えたシングルプレーンの血管撮影装置1台を駆使して、放射線部医師のみならず、循環器内科、心臓血管外科、脳血管内科、脳神経外科など各診療科医師との協力の下、臓器別の目的に応じた検査や治療を行っています。アイソトープ検査では2台の2検出器SPECT装置を備えており、ほとんどの検査で断層像を得ることで、詳細な診断に寄与しています。(2021年2月現在)
 夜間、休日の診療時間外も、当直技師を配置し、診断・治療に必要となる緊急検査が行える体制をとっています。

近隣医療施設のみなさまへ: 画像検査のご案内

放射線部では、医療施設の先生方より、CT、MRおよび核医学(アイソトープ、RI)検査の画像診断、骨塩定量測定検査のご依頼をお受けしております。詳細はこちらをご覧ください。

患者さんへ: 臨床研究へのご協力のお願い

放射線部では患者さんの情報を用いた以下の医学系研究を、倫理委員会の承認ならびに病院長の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しておりますので、ご協力をお願いいたします。

  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会における症例登録データベースを用いた医学系研究
    詳細はこちらをごらんください。
  • 当院にて画像診断検査を受けられる方へ: 画像診断研究における画像使用へのご協力のお願い
    詳細はこちらをごらんください。
  • 当院で IVR(画像下治療)を受けた皆様へ: 「IVRに関する医療被ばく実態調査及び線量評価」へのデータ提供
    詳細はこちらをごらんください。

部長 山田 晴耕