腫瘍内科

(1)概要

腫瘍内科では、悪性腫瘍の診断を受け、「抗がん薬治療」を主体とした治療を検討している患者さんを対象に診療を行っています。
具体的には、胃がん、大腸がんをはじめとした消化器がん、また腎がん、前立腺がん、尿路上皮がん、胚細胞腫瘍などの泌尿器がんの患者さんを中心に、原発不明がん、悪性軟部腫瘍などその他の固形がんに対しても診療しています。

(2)ポリシー

チーム医療で実現する質の高いがん治療

国民の多くが何らかの状況で直接あるいは間接的に「がん」という病気と関わる時代になり、当院でもがん患者さんの診療にさらに力を入れています。
当科は、患者さん一人ひとりの「がん医療」において、「抗がん薬(がん薬物療法)」の知識や技術を駆使し、さまざまな診療科や職種と連携・協力体制をとりながら、総合病院の腫瘍内科として患者さんそれぞれに適した医療を提供することを診療目標としています。 我々が目指す診療は「高いQuality of Survival」の提供です。メディカルオンコロジーセンター(がん薬物療法センター)で診療することで、個々の患者さんに応じた支持療法・緩和医療を当院のコメディカルの専門性も集結し実践していきます。抗がん薬治療をただ行うことを目標とするのではなく、生活の質の維持・向上にもしっかりと目を向けながら患者さんにとって「最善の治療」になるよう心がけています。

(3)特徴

患者さんそれぞれに適した治療方針を提案

最近、がんの全身治療、主に抗がん薬治療の領域においても数多くの新規薬剤が開発されており、治療の選択肢や副作用の管理がいっそう多様化し複雑になっています。また、総合病院である当院では、がんだけではなく他にも併存疾患を有する患者さんも数多くいらっしゃいます。治療の目標設定に個々の価値観や生活感も考慮した治療方針がより重要視されるようになりました。
当科は、最新の標準治療を原則としながら、個々の患者さんに対してより調節した、適切な治療方針の提案に努めています。また、各診療科や職種と連動し各々の専門性を集約することによって、「治療のための生活」ではなく、「生活のための治療」になるよう最適と考えられる抗がん薬治療を提供します。

集学的支持療法や早期からの症状緩和医療の実施

治療を維持し継続していくためには抗がん薬治療をサポートするいわゆる支持療法が重要となります。副作用対策や服薬指導、セルフケアの実践指導、栄養管理など治療を支える医療のことです。メディカルオンコロジーセンター(がん薬物療法センター)で診療することで、個々の患者さんに応じた支持療法を当院のコメディカルの専門性も集結し実践しています。

また、患者さんの症状緩和ケアとは、がんという病気による身体的、精神的なさまざまな症状を和らげ、患者さんとその家族の生活の質(QOL)を向上させる医療です。
当科では、がんの診断を受けた時点から必要に応じた緩和ケアは常に「がん医療」の中に提供されるべきものと考え、患者さんに早期から適切な緩和ケアを提供し、意思決定支援も含めたQOLの向上をサポートしていきます。がんの進行に伴い、より専門的な緩和医療を行う必要性が高まった際には、緩和ケア科やがん相談支援センターと連携して診療を行っていきます。

がん医療におけるコーディネーターとしての役割

当科は、患者さんを中心に、外科医・放射線科医・看護師・薬剤師・社会福祉士といったさまざまな診療科・職種と連携を取りながら、がん医療を提供していきます。
「診療」ではなく「医療」という言葉を用いる意味は、治療的な行為をしていなくても、我々医療者は常にがん患者さんに寄り添い、患者さんひとりひとりがより良い人生を送るためのサポートを行っていく、という意志を表しています。そのために、患者さんが「がん医療」の中で迷わないよう、私たちが道標としてコーディネーターの役割を果たしていきたいと考えています。

臨床研究の実施

当科では、日々の臨床から生じる疑問(クリニカル・クエスチョン)を元に臨床研究を行っています。また、将来的には「標準治療を創り出す」ことを目的とした多施設共同の臨床研究・臨床試験に積極的に参画していきます。これらの臨床研究は、日常の診療に還元され、最終的には患者さんのお役に立てられるものであると考えています。

がんゲノム医療の提供を目指す取り組み

当院はがんゲノム医療連携病院に指定されています。当科はNTT東日本関東病院のがんゲノム医療の中心的な役割を担い、患者さんへの適切ながんゲノム医療の提供を目指し対応しています。対象患者さんや申し込み方法は「がんゲノム医療」の項目を参照ください。とくに原発不明がん、希少がんの患者さんへのがんゲノム検査に力を入れています。

がんゲノム医療

メディカルオンコロジーセンター(がん薬物療法センター)の開設

腫瘍内科外来の開設に伴い、外来棟2階にメディカルオンコロジーセンターを開設しました。「腫瘍内科外来」「がんゲノム医療外来」だけでなく、隣接する化学療法センターとともに臓器・診療科・職種横断的に専門性を集結し、がん薬物療法を受ける患者さんへ包括的で全人的な治療・ケアを実践し、高いQuality of Survival を提供いたします。


腫瘍内科を受診される方へ

当科では、患者さんの病気に対する思い、生活に対する考え方、お仕事の事情なども一緒に考えながら、よりよい治療を提供すべく取り組んでいます。「治療のための生活」ではなく、「生活のための治療」、高い「Quality of Survival」を患者さんとともに目指していきたいというのが、私たちの願いです。そのためには抗がん薬治療が必要と判断を受けた時点からともに関わり合う診療が何より大切と考えております。当院への受診を考えていらっしゃる場合にはその点も主治医の先生方とご相談いただければと存じます。

部長 内野 慶太

 

「メディカルノート」掲載インタビュー

疾患啓発記事:
胃がん・大腸がんなど消化器がんに対する化学療法とは? 抗がん薬と上手につきあっていくために