1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 臨床研修情報
  4. 初期臨床研修
  5. 初期臨床研修プログラム:研修評価

初期臨床研修プログラム:研修評価

1 研修医評価

研修期間中の研修医評価については、「臨床研修における到達目標」の達成度及び「臨床 医としての適性評価」により実施する。

(1)「臨床研修における到達目標」の達成度
1科の研修が修了した時点で、研修医の自己評価及び指導医評価を別添「到達目標チェッ クリスト」により実施する。

(2)「臨床医としての適性評価」
1科の研修が修了した時点で各研修科の指導医、指導者、科部長評価を別紙「評価表」により実施する。

1 評価項目
【指導医】

知  識 臨床医学全般に関する知識
専門用語の理解
症状・診断・治療に関する知識
技  能 患者面接の技能
病歴を聴取し記載する技能
診療技術全般
会話を簡潔にまとめ、提示できる
態  度 研修中の態度全般
医師としての服装
時間の厳守
患者に対する態度
指導医・看護婦・同僚に対する態度
協調性
自己評価 自己評価能力
付  記
総合評価 A:優れている、B:普通、C:努力を要す、D:改めて研修を行う

【指導者】

  1. 患者の立場に立っているか(敬意・言葉遣い・共感的態度)
  2. 指示の的確性 (ルールを守っているか、倫理的配慮はあるか)
  3. チーム医療の視点はあるか(職種間のコミュニケーションはとれているか)
  4. 身だしなみ・服装について考慮しているか
付  記
総合評価 A:優れている、B:普通、C:努力を要す、D:改めて研修を行う

【科部長】

1 病歴記載 入院時、退院時、要約、迅速性等
2 医学知識 視野が広いか・文献を読んでいるか・知識の整理
3 診療技術 思考・診断の組み立て、判断力、患者把握・技術に修得
4 発表能力 症例まとめ要領、考察能力、表現能力、応答能力
5 対人関係 患者の接し方、医師・看護師・他職種と良い人間関係か
6 カンファレンス 出席率、質問・意見が出せるか
7 人物 自己本位・独断・感情優位はないか、誠実・責任感・信頼性、医師としての自覚
8 問題解決能力 問題解決能力
付  記
総合評価 A:優れている、B:普通、C:努力を要す、D:改めて研修を行う

(3) 2 評価段階

A:期待される程度を大きく上回っている。
B:期待される程度を上回っている。
C:期待される程度であった。
D:期待される程度を下回っている。

2 研修プログラム及び指導医評価

  1. 研修プログラムの質及び指導医の資質の向上に資するため、研修医は各診療科研修終了時に別紙「指導医評価アンケート」により指導医の評価を行う。
  2. 胸部の診察(乳房の診察を含む)
  3. 腹部の診察(直腸診を含む)
  4. 泌尿・生殖器の診察(注:産婦人科の診察は指導医と共に実施のこと)
  5. 骨・関節・筋肉系の診察
  6. 神経学的診察
  7. 精神医学的診察法

(2) 基本的検査法【1】
必要に応じて自ら検査を実施し、結果を解釈できる。

  1. 検尿
  2. 検便
  3. 血算
  4. 出血時間測定
  5. 血液型判定・交差適合試験
  6. 簡易検査(血糖、電解質、尿素窒素、赤沈を含む)
  7. 動脈血ガス分析
  8. 心電図
  9. 簡単な細菌学的検査(グラム染色、A群B溶連菌抗原迅速検査を含む)

(3) 基本的検査法【2】

  1. 血液生化学的検査
  2. 血液免疫学的検査
  3. 肝機能検査
  4. 腎機能検査
  5. 肺機能検査
  6. 内分泌学的検査
  7. 細菌学的検査
  8. 薬剤感受性検査
  9. 髄液検査
  10. 超音波検査
  11. 単純X線検査
  12. 造影X線検査
  13. CT検査
  14. 核医学検査
  15. MRI検査

(4) 基本的検査法【3】
適切に検査を選択・指示し、専門家の意見に基づき結果を解釈できる。

  1. 細胞診・病理組織検査
  2. 内視鏡検査
  3. 脳波検査

(5) 基本的治療法【1】
適応を決定し、実施できる。

  1. 薬剤の処方
  2. 輸液
  3. 輸血・血液製剤の使用法
  4. 抗生物質の使用
  5. 副腎皮質ステロイド薬の使用
  6. 抗腫瘍化学療法
  7. 呼吸管理
  8. 循環管理(不整脈を含む)
  9. 中心静脈栄養法
  10. 経腸栄養法
  11. 食事療法
  12. 療養指導(安静度、体位、食事、入浴、排泄を含む)

(6) 基本的治療法【2】
必要性を判断し、適応を決定できる。

  1. 外科的治療
  2. 放射線治療
  3. 医学的リハビリテーション
  4. 精神的、心理医学的治療

(7) 基本的手技
適応を決定し、実施できる。

  1. 注射法(皮内、皮下、筋肉、静脈確保)
  2. 採血法(静脈血、動脈血)
  3. 穿刺法(腰椎、胸腔、腹腔鏡を含む)
  4. 導尿法
  5. 浣腸
  6. ガーゼ
  7. ドレーン・チューブ類の管理
  8. 胃管の挿入と管理
  9. 局所麻酔法
  10. 滅菌消毒法
  11. 簡単な切開、排膿
  12. 皮膚縫合法
  13. 包帯法
  14. 軽度の外傷の処置

(8) 救急処置法
救急を要する疾患又は外傷をもつ患者に対して、適切に処置し、必要に応じて専門家に診療を依 頼することができる。

  1. バイタルサインを正しく把握し、生命維持に必要な処置を的確に行う。
  2. 問診、全身の診療及び検査等によって得られた情報をもとにして迅速に判断を下し、初期診療 計画をたて、実施できる。
  3. 患者の診察を指導医又は専門医の手に委ねるべき状況を的確に判断し、申し送りないし移送することができる。
  4. 小児の場合に保護者から必要な情報を要領よく聴取し、乳幼児に不安を与えないように診察を行い、必要な処置を原則として指導医のもとで実施できる。

(9) 末期医療
適切に治療し、管理できる。

  1. 人間的、心理的立場にたった治療(除痛対策を含む)
  2. 精神ケア
  3. 家族への対応
  4. 死への対応

(10) 患者・家族との関係
良好な人間関係の下で、問題を解決できる。

  1. 適切なコミュニケーション(患者への接し方を含む)
  2. 患者・家族のニーズの把握
  3. 生活指導(栄養と運動、環境、在宅療養等を含む)
  4. 心理的側面の把握と指導
  5. インフォームド・コンセント
  6. プライバシーの保護

(11) 医療の社会的側面
医療の社会的側面に対応できる。

  1. 保健医療法規・制度
  2. 医療保険・公費負担医療
  3. 社会福祉施設
  4. 在宅医療・社会復帰
  5. 地域保険・健康増進(保険所機能への理解を含む)
  6. 医の倫理・生命の倫理
  7. 医療事故
  8. 麻薬の取扱い

(12) 医療メンバー
様々の医療従事者と協調・協力し、的確に情報を交換して問題に対処できる。

  1. 指導医・専門医のコンサルトタント、指導を受ける。
  2. 他科、他施設へ紹介・転送する。
  3. 検査、治療・リハビリテーション、看護・介助等の幅広いスタッフについて、チーム医療を率先して組織し、実践する。
  4. 在宅医療チームを調整する。

(13) 文書記録
適切に文書を作成し、管理できる。

(14) 診療計画・評価法
総合的に問題点を分析・判断し、評価できる。

  1. 必要な情報収集(文献検索を含む)
  2. 問題点整理
  3. 診療計画の作成・変更
  4. 入退院の判定
  5. 症例提示・要約
  6. 自己及び第三者による評価と改善
  7. 剖検