1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 臨床研修情報
  4. 初期臨床研修
  5. 初期臨床研修プログラム:研修の中断及び再開

初期臨床研修プログラム:研修の中断及び再開

(1)研修の中断
研修の中断とは、研修期間の途中で臨床研修を中止することをいい、原則として病院を変更して 研修を再開することを前提としたものである。
やむを得ず研修の中断の検討を行う際には、管理者及び研修管理委員会は研修医及び研修指導関係 者と十分話し合い、臨床研修を継続できる方法がないか検討し、研修医に対し必要な支援を行う。

(2)中断の基準
中断には、「研修医が研修を継続することが困難であると研修管理委員会が評価、勧告した場合」 と「研修医から管理者に申し出た場合」2種類がある。

研修の中断を認めるには、以下のようなやむを得ない場合に限る。
当院の研修科体制の変化などの理由により、当院における研修プログラムの実施が不可能 となった場合。
研修医が臨床医としての適性を欠き、当院の指導・教育によっても、なお、改善が不可能 な場合。
妊娠、出産、育児、傷病等の理由により研修を長期にわたり休止し、そのため修了に必要 な研修実施期間(注)を満たすことができず、さらに研修を再開するときに研修医の履修 する研修プログラムの変更、廃止等により同様の研修プログラムに復帰することが不可能 であると見込まれる場合。
その他、正当な理由がある場合。
(注)休止期間の上限:90日(当院において定める休日は含まない)

(3)中断の手順
研修管理委員会は、臨床医としての適正を欠く場合等研修医が臨床研修を継続することが困難であると認める場合には、研修医がそれまでに受けた臨床研修の評価を行い、管理者(病院長)に対し、当該研修医の臨床研修を中断することを勧告することができる。
管理者(病院長)は、上記①の勧告又は研修医の申出を受けて、研修医の臨床研修を中断す ることができる。

(4)中断した場合
研修医の臨床研修を中断した場合には、研修医の求めに応じて、速やかに、臨床研修中断証を交付する。このとき、研修医の求めに応じて、他の臨床研修病院を紹介する等臨床 研修の再開のための支援を行うことを含め、適切な進路指導を行う。

(5)研修の再開
臨床研修を中断した研修医は、自己の希望する臨床研修病院に、臨床研修中断証を添えて、臨 床研修の再開を申し込むことができる。臨床研修中断証の提出を受けた臨床研修病院が臨床研修 を行うときは、当該臨床研修中断証の内容を考慮した臨床研修を行わなければならない。

中断 研修プログラムに定められた研修期間の途中で研修を中止とするもの 原則として、病院を変更して研修を再開することが前提
休止 原則として、引き続き同じ病院(プログラム)で研修を行う(再開する)ことが前提
未修了 研修期間の終了時において、研修医が研修の修了基準を満たしていない等の理由により、管理者が修了と認めないもの