1. ホーム
  2. 診療科・部門の紹介
  3. 精神神経科
  4. 精神神経科:支援プログラム

精神神経科


診療時間のご案内

受付時間

午前 8:30 ~ 11:00
午後 1:00 ~ 3:00

休診日

土曜日、日曜日、祝日・振替休日、年末年始

外来担当一覧


支援プログラム

運動と回想法でもの忘れを防ぎましょう

《関東病院しあわせプログラム》は、軽度のもの忘れがある高齢の患者さんとご家族を対象にしたプログラムです。20分の運動と回想法で、もの忘れの進行を防止していただき、あわせて「もの忘れの詳しい検査」も施行させていただきます。

*参加して頂く条件*

  • 補装具(杖や歩行器、車イスなど)なしで1kmくらい(約20分)歩ける方
  • 麻痺がない方
  • 軽度のもの忘れがある方
  • ご家族と一緒に原則すべてのセッションに来院できる方
    ご希望の方には、参加いただけるかご相談させていただきます。
    下記、申込用紙(PDF)にご記入の上、03-3448-6270(精神神経科FAX)までお送りください。折り返しご連絡させていただきます。
    また、お電話でのお問合せの際には、精神科外来(03-3448-6321)にお電話いただき、「しあわせプログラム」の担当者までお尋ねください。
  • 申込用紙

プログラムの内容

  1. 運動療法

    有酸素運動をすることで脳の血流が増え、もの忘れの悪化を防ぐといわれています。このプログラムでは、「いつでもどこでも誰にでも簡単にできる軽運動」として音楽に合わせて歌いながら手足の運動を実施します。毎回ご家族の方も参加して頂き、自宅での運動習慣を作るきっかけ作りを目的としています。この他にストレッチ、レクリエーションを含め計20分間運動を実施します。

  2. 回想法

    1960年代にアメリカの精神科医バトラーによって提唱された、高齢者を対象にした心理療法です。もの忘れという悩みを持つ患者さん同士が、同じ時代を生き抜いた体験や現在の悩みについて話し合い、不安の軽減、意欲や自尊心の改善を図ります。プログラムは8回で、そのうち2回はご家族の方にも一緒に参加して頂きます。

  3. 「もの忘れの詳しい検査」

    プログラム前に血液検査や脳画像検査、神経心理学的検査、生活アセスメント、ご家族の介護度チェックを行ないます。プログラム終了後には、フォロー検査・面接を行ないます。なお、脳画像検査についてはご希望がある方のみとさせて頂いております。

  4. 「家族相談」

    認知症患者の状態に応じた支援の情報提供やご家族の不安や心配についてのご相談をソーシャルワーカーと保健師が対応させていただきます。

  5. 「かかりつけ医相談」

    かかりつけ医をお探しの方は、かかりつけ医相談のスタッフが相談応対をさせていただきます。

日程

月曜日の午後2時~3時15分に行ないます。同じメンバー(定員5名‐先着順)で、8回のグループを行います。次回の開始日は、お問い合わせいただいた際に、ご説明いたします。プログラムの途中からの参加はできません。

参加費用

保険診療の対象です。
*当院を初めてご利用いただく場合、紹介状がない場合は初診時に「保険外併用療養費の特別料金」として、診察料の他に5,000円(税抜)をお支払頂くことになります。

スタッフ

プログラムは、精神神経科、脳神経内科、リハビリテーション科、総合相談室の4科が連携して行っております。医師、臨床心理士、言語療法士、理学療法士、作業療法士、ソーシャルワーカー、看護師が担当いたします。