1. ホーム
  2. 出産希望の方
  3. 当院で分娩希望の妊婦さんへ

当院で分娩を希望の妊婦さんへ

ご妊娠おめでとうございます。
やがてうまれくるわが子を思い、どきどきわくわくの気持ちでいっぱいでしょうか?
これから起きることへの不安もあるでしょうか?
あなたと、あなたのなかに宿ったちいさなちいさな命が健康で安心して過ごせるよう、私たちスタッフ一同は、お産までの間、そして赤ちゃんが生まれてからもお手伝いいたします。

当院で分娩希望の妊婦さんへのお願い

1.受診の時期

どこの病院も受診していない方:妊娠12週(12週6日)までに受診してください。
他院にて妊婦健診を受けておられる方:紹介状を持参の上、妊娠20週(20週6日)までに受診してください。

2.受診の予約

当院で分娩をご希望の妊婦さんは、ご予約をお取りいただき、ご来院くださいますようお願いいたします(紹介状をお持ちの方はご持参ください)。
原則として、予約がなく直接来院された場合は、受診していただけませんのでご注意ください。
代表電話番号よりご連絡ください。

3.その他

分娩予約数が一定数を超えた場合は、分娩をお断りする場合もございますので、ご容赦ください。
また、当院で分娩されない方の妊婦健診も行っておりませんので、ご理解をお願いいたします。

当産科の特徴

1951年に関東逓信病院として開院以来、2018年までの66年間に54000人以上の赤ちゃんが生まれました。産婦人科外来・病棟では、安全でかつ快適な妊娠・出産をモットーとしています。
妊娠中の方は、助産外来マザークラス(母親学級)・両親学級マタニティヨーガもご利用になれます。
お産の時には、陣痛室から分娩室へ移動なく過ごせるよう、分娩室は3室すべてLDRであり(陣痛室―分娩室―回復室が一体となった個室)、夫立ち会い分娩をおすすめしています。赤ちゃんの管理はすべて小児科専門医が、また帝王切開などの麻酔は麻酔科専門医が担当しますので、なんらかの異常が生じた場合でも的確な対応が可能です。 ただし、NICU(新生児集中治療室)は併設されていないため、早産が予想される場合などは周産期センターへ母体搬送となりますが、この場合も担当医が同伴し責任を持って対応させていただいております。
お産後は、ご出産されたお母さま方が疲れを充分に癒せるよう、「無理をしない・頑張り過ぎない」をモットーとし、産後の体調に合わせた母児同室を行っています。

母児同室について

母児同室時間はAM10:00~PM7:00です。出産後2日目より開始します。
帝王切開の方は、出産後の体調を見ながら同室を開始していきます。
新生児室のスタッフが説明します。
赤ちゃんはコット(赤ちゃん用ベッド)に寝かせて新生児室~病室を移動します。
ベッドの横にコットを置いてお部屋で過ごします。
母児同室中は自律授乳(赤ちゃんが泣いたら授乳する)になります。

【入院中のご面会について】
産後の疲労回復や、母児の安静、感染予防のために入院中ご親族以外の面会は避けていただくようお願いします。
同室中のお部屋では就学前のお子様、多人数(3人以上)の入室はお断りしています。
その場合、赤ちゃんを新生児室に預け、デイルーム・食堂で面会をしてください。

【母児同室中のセキュリティについて】
赤ちゃんの連れ去りを防ぐ為、シャワー使用時、売店・面会等で部屋を開けるときは必ず新生児室に預けるようお願いします。

母児同室について